化粧水でスキンケアをする時のポイントを紹介!

ここでは化粧水でスキンケアをするときのポイント、方法を紹介していきます。

まずは手のひらに適量の化粧水をだしていきます。
そこから順番としては乾燥しやすい部分から塗っていくことです。
最初に頬から順番に塗っていき、手のひらで全体にぬっていきます。
それから乾燥が気になる部分にはさらに化粧水を重ね塗りしていきましょう。

洗顔をした後というのは肌が乾燥しやすい状態になっているので、化粧水というのは必須となります。
というより洗顔と化粧水はセットと思ってもらったらいいです。洗顔はするけれど化粧水は塗らないというのはよくありません。
化粧水の役割というのは皮膚に潤いを与えていくことです。
そのため化粧水というのは洗顔をした後にすぐにつけるようにしましょう。
洗顔をした後というのはキレイになっているのですが、油分がなさすぎる状態なので、逆に油分を出そうとしてしまいます。
そうならないために出来るだけ早く保湿してあげて無駄な油分が出るのを防いであげましょう。

そして化粧水は出来ればコットンを使っていくことで肌に優しくつけることが出来ます。
コットンというのはそのためにあります。
また最近のコットンはシミやすくなっており少量でも効果を発揮してくれます。経済的にもなっています。

また、コットンパックとしても使うことが出来ます。
日焼けした後にはコットンパックをすると保湿できます。
コットンに化粧水をひたひたに浸していき、たっぷりと化粧水を含ませてあげましょう。
化粧水をひたひたにしてそれを2枚くらいにはがしていき、厚さが均等になるようにして顔全体においていくようにしましょう。
コットンをそのまま貼る人も多いのですが、コットンというのは薄いほうが実は肌に密着しやすくなります。
だいたい5分くらいパックするといと思います。
これ以上長時間行ってしまうと逆に肌が乾燥してしまうようになります。
せっかく保湿するために化粧水をしているのに乾燥してしまっては意味がないですからね。