ホワイトニングが出来ない人もいるって本当なのか?

ホワイトニングが人気が出ており、歯がキレイになると知っていて挑戦してみたいという人多いですよね。
歯が白くなることで大きく顔のイメージが変わりますからね。
ホワイトニングをしてイメージが悪くなることはないですよ。
逆に歯がキレイに見えるので清潔感のある人と思われます。
逆に歯が汚い状態や歯がない人なんて不潔と思われてしまうのでイメージが大きく違いますよね。
そんな魅力たっぷりのホワイトニングなのですが、全ての方が出来るという訳ではありません。
中にはホワイトニングが出来ない方もいるので覚えておいてください。

妊娠中および授乳中の女性

妊娠中の方は出来るだけホワイトニングはしないほうがいいです。
どうしてかというと妊婦や胎児に対してホワイトニングの薬剤があまりよくない影響を与えてしまうからです。
このあたりについては安全性は保証されていないので、無難にやめておくほうがいいです。
ちゃんと子供を生んで、成長してからでもホワイトニングするのは問題ないと思います。
それでもどうしてもホワイトニングしたいという人であれば、その時は歯科医院で相談するようにしてください。
自分の判断でホワイトニングをするのはオススメしません。
出来れば受診している産婦人かでも聞いたほうがいいですね。
まずは胎児優先ですからね。

歯に詰め物をしている人

歯に詰め物をしている人の場合は、その部分はホワイトニングは出来ません。
これは分かりますよね。
ホワイトニングは行うことが出来るのですが、効果がないということです。
あくまで歯に対する薬剤なので、詰め物に対しては効果が出ないようになっています。
詰め物についた色というのは歯の着色汚れとは少し違った部分になるのでホワイトニング薬剤では落とすことが出来ません。
効果がないのであればしないほうがいいですよね。
ただ詰め物をしていない部分はホワイトニング可能ですよ。
気になる部分がどこなのか、もしくは詰め物を交換すればキレイになるかもしれないので相談しましょう。